CP&RMセンター

CP&RMセンターは「コンプライアンス/リスク・マネジメント」、即ちコンプライアンスとリスクの管理を中心業務として扱うグループとして、2009年に日本技術士会所属の技術士からなるグループとして発足し、現在まで活動を継続して参りました。この度、前任者から重責を引継ぐことになりましたので、ご挨拶を申し上げます。

国家資格を有する技術士の各専門分野の技術に加え、外為法を中心とした法令順守の面から、企業・団体、個人等のリスク管理に寄与することを目標として活動しています。最近の安全保障貿易管理が、貨物、技術という基本的な規制に留まらず、経済安保と言われる国家間の対立の影響を受け、我が国の技術やノウハウの国外流出を防ぐという目的はますます重要性を増して来ています。

当センターはこれからも、構成メンバーが個々の自己研鑽を通して本来の専門技術をよりレベルアップすると共に、最新の法令改正にも最新の注意を払って対応することにより、産業界や大学等での安全保障輸出管理の推進に寄与出来ることを目指しています。

CP&RMセンターの特長

  1. 幅広い専門分野をカバーし、科学技術に関する​深い知識を有する技術士の専門家集団です。
  2. 輸出管理に長年携わってきた経験豊富な人材、安全保障貿易管理士を保有する人材が​サポートします。
タイトルとURLをコピーしました