将棋の藤井聡太、史上最年少で四冠に ビッグタイトル「竜王」を奪取

将棋の藤井聡太三冠(19)=王位・叡王・棋聖=が豊島将之竜王(31)に挑戦する第34期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)の第4局が12、13の両日に山口県宇部市で指され、藤井三冠が勝ち、対戦成績4勝0敗でタイトルを奪取した。四つのタイトルを保持する四冠は史上6人目で、19歳3カ月での達成は史上最年少記録。8タイトルの半数を占めることになり、「藤井時代」の到来を印象づける結果となった。

ADVERTISEMENT

 これまでの四冠の最年少記録は羽生善治九段(51)が1993年に達成した22歳9カ月。過去に達成した5人はいずれも名人を獲得しており、歴史に名を残す超一流棋士ばかりだ。藤井竜王は10代で、その系譜に名を連ねた。

 藤井竜王と豊島前竜王がタイトル戦で対戦するのは今年の王位戦、叡王戦に続いて3回目。王位戦で防衛、叡王戦で奪取を果たした藤井竜王の勢いは、10月に開幕した竜王戦でも止まらなかった。第1局で苦戦の将棋を逆転勝ちすると、その後は一気に3連勝。圧倒的な強さで、名人と並ぶビッグタイトルの初獲得を果たした。豊島前竜王は3年ぶりに無冠となった。

 7人が総当たりで戦う王将戦の挑戦者決定リーグ戦でも、4勝0敗で単独首位に立っている。挑戦権を獲得すれば、渡辺明王将(37)=名人・棋王と合わせ三冠=と対戦する来年1月からの七番勝負は五冠をかけたタイトル戦となる。名人戦につながる順位戦は現在B級1組に在籍している。早ければ、2023年に20歳で名人になる可能性がある。(村瀬信也)

コメント

タイトルとURLをコピーしました